Lira Cuore 子育て応援 親バカの流儀

幼稚園教諭・二児の子育てを終えて、アロマハンドトリートメントやチャイルドケアの観点から子育て世代応援に尽力したいと一念発起。学びながらブログで色々発信していきます。

虐待 死亡

香川県から目黒に引っ越して、義父に虐待され殺害されてしまった5歳女児。

信じられない事件です…。

 

しかし、

 

虐待は非常に身近なところで起こりうる問題なんです。

幼稚園勤務時には、虐待されている子どもが身近にいるなど思いもしませんでした。

現在、児童養護施設での勤務となってみてわかりましたが、驚くほど虐待による施設措置児童が増加しているんです。

 

児童相談所も抱える案件が多過ぎ

一時保護所もいっぱいな状態

 

もはや現場レベルだけでの改革は難しいのではないでしょうか。

不幸な子どもを増やさないようにするには、

どうすべきなんでしょう。

 

里親制度。

養子縁組。

法律の整備など。

※なかなか日本では産んでいない子どもの親となる感覚は難しいのかもしれませんが…。

 

でも、そこだけみてもダメなんです。

親の心の問題を解決・ケアしていかないと!!!

関連して…。

 

働き方の問題。

教育費の問題。

住宅問題。

子育てケア。etc

 

保育園待機児童ゼロ問題も然り。

保育園増やせば解決ではありません。

幼児期に大切な保育がなされているのか?

どんな保育・教育がされているか?

本当ならばそれこそが大切なんです。

 

「預かり先が見つかればそれでいい」

 

リアルな声かもしれません。

全ての保育施設が酷いとは思いません。

しかし、保育現場の現状は???

保育士の資質は???

と…心配になる面があるのも事実です。

多角的な解決策を講じなければ、まさに

 

日本沈没

 

 

 

少し話がそれましたが、私が感じた児童養護施設での子ども達の特徴としては…、

飢餓感が強く、心のトラウマを抱えている児が多い気がします。

入職当初、「飢餓感てなに???」とカルチャーショックを受けました。と同時に、自身がこれまでどれだけ幸せな生活を普通に送っていたんだろう…と感謝の気持ちが溢れたのを覚えています。

平成の豊かな時代に、飢餓感を抱えて生きている子ども。いつ食べられなくなるか分からないから、出された時に一気に食べる。

お菓子をたくさん抱えて仕舞い込むなどの問題行動に直面しました。

 

食事もオヤツもしっかり準備されており、

寧ろ給料日前の一般家庭よりも恵まれている???(笑) なんて思うこともありますが…😅

無意識のうちに自己防衛本能が、こういった行動をとらせてしまっているのでしょう。

 

虐待死事件は、これまでにもありました。

どうか悲しい事件がこれ以上増えないように…!

一日も早く、子どもを守る為の解決策が見出されますように!!

出来る事を子ども達の為に、親バカパワーで行なっていきます!!!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

オムツって何歳まで???

ちょっと前に、小原正子さんが3歳になるお子さんにオムツを履かせているとブログで紹介し、賛否両論コメントが寄せられたみたいでしたね。

 

私もチラッとブログを覗かせていただきました。

 

以前、幼稚園に勤務していた時には、保護者の皆様に入園までには外してください。とお願いしていました。

これは園によっても違うでしょうし、同じ年齢でも保育園と幼稚園の違いはあると思います。

 

幼稚園側としては、教育の場である事から考えて、トイレトレーニングは家で完了して欲しいからです。(文科省管轄)

保育園(厚生省管轄)は生活に即した保育を行う場であるので、トイレトレーニングのお手伝いは致します。

※民間の保育施設職員としての経験から。

 

さぁ、オムツはいつ取ればいいのだ?????

 

幼稚園ママとの面談で、寝る時はオムツを履かせています。と相談される事が多々ありました。その度に、夏休み親子で頑張りましょう!!!とアドバイスをしていました。

普段はパンツで問題無いお子さん。

朝起きると沢山のオシッコがオムツにある。

 

うーーーーっ。

 

オムツだからしちゃうんだなぁ。

吸収性抜群の紙おむつだからしちゃうんだなぁ。

オムツはオムツでも布オムツにしたらどうかな?????

お子さんは気持ちが悪い。

保護者さんは洗濯大変。

そりゃ、トイレ行ってくれた方が楽だわ😊

って事なんですよ。

 

まぁ、ずっと大人までオムツって訳はないだろうけどね。

 

親バカとしましては、入園前にトレーニング完了してしまうのがいいのではないかなぁ???と…これはあくまでも個人的な見解ですが。

 

それぞれの事情でオムツを履かせている事を否定するつもりはないけれど、

これだけはお願いしたい!!!!!!

お股の強化中ですか?

と、嫌味を言いたくなる程に、タプタプなオムツを履かせるのだけはやめてくださいね。

 

お子ちゃまの不快だと思う感情が育たないから。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊

多頭飼い崩壊の現状

 

♬いーきてーる いきているぅ♬

ノンフィクション観ました…。

 

悪徳ブリーダー問題

パピーミル問題

多頭飼い崩壊問題

 

心が痛みます…。

我が家ではワン🐶な娘を迎えるにあたり、調べて調べて調べて出会ったブリーダーさんにお世話になりました。

 

私もワン🐶な娘を迎えた時には、セラピー的な意味合いもありましたので…。

家族が居なくなった寂しさを埋める為に、動物に癒しを求めてしまう気持ちは分からんでもないです。

 

しかし!!!!!

 

迎え入れたからには、その命に責任を持たなければなりません。

かわいいだけでは無いのです。病院へ定期的に連れて行き、必要な投薬をしなければならない。

爪や肛門腺処置。

シャンプー。

トリミング。

清潔な環境。

餌。

躾も大切なことではないでしょうか。

 

それだけの責任を持って、生活を共にする事が必要です。

様々な理由で飼育出来なくなってしまったとしても、ちゃんと最後まで責任を持って欲しい。

そう願わずにはいられません。

 

 

人間の子どもに関しても、信じられない事件・事故が増えています。

なぜ?

お腹を痛めて産んだ我が子に虐待するのか???

なぜ?

女として生きたいのに子どもを産んだのか???

 

わたしには分かりません。

分かっている事は、人間も動物もこれらの悲惨な現状があるということ。

 

社会のせいだけにするのは違う気もしますが…。社会の在り方も少なからず影響しているのも事実。

 

今の私にできる事は、ワン🐶な娘を大切に育てること。

施設職員としては、色々な理由を抱えて入所となっている子ども達に、家庭の愛を感じられるようにすることです。

 

どの子たちにも平等に生きる権利があるのだから。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊

親バカもほどほどに

親バカ賛成!!!

 

ではありますが…。

 

ワン🐶を迎え入れてからと言うもの、美容院へ全く行ってませんでした。

理由は、仕事で沢山のお留守番をさせている為、一緒にいられる時間はなるべく家にいようと思ったからです。

この間3カ月、ワン🐶はドッグサロンでトリートメントして毛並みふわふわ(笑)

お散歩に出るたび、「かわいい💕」「きれいな毛並みですね💕」なんて言われる度に

「そうでしょー。うちのこかわいいの😍」って、「ありがとうございます😊」の言葉の裏に心で思っているわけです🤣

 

 

 

でも、久しぶりに自身がサロンできれいにしてもらうと…癒されるぅ✨

心が弾むぅ✨ 勢いでネイルサロン行っちゃおうかなぁ!!!なんて思っちゃうほど、テンション上がってました。

実際は、ワン🐶のご飯が気になりネイルは断念しましたが。

 

結果、親バカライフ万歳なんですが…。

自分もキレイにする事大事だなぁって再確認でした。

スキンケア・ネイルケア・ヘアトリートメント

足裏リフレ・リンパケアetc

なんでもいいから自分の時間を大切にして、心が元気であれば、親バカ道も元気に楽しんで進んでいける!!!!

 

レッツ親バカライフ✨

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊

 

 

ワン!!ダブルな親バカライフ

 

我が家の生後5カ月のワンな娘🐶

可愛すぎで元気いっぱいです(笑)

私が仕事から疲れて帰ってきても、つぶらな瞳で見つめられると、「ただいまぁ」って声のトーンもテンションも上がります。

 

心と身体がつかれていた時期は、部屋に引きこもり何もしたくなく動けずにいました。

歯を磨く事も、お手洗いに行く事さえも…。

 

そんな私の復帰の仕上げのタイミングに、ワン🐶な娘を迎え入れました。

もう親バカ加速です🤣

 

可愛すぎて困ります(笑)

 

f:id:oyabakaryugi:20180531093847j:image

 

朝は早く起きて、家事をしてワン🐶とお散歩に出かけます。ワン🐶の為にお買い物に行きます。(家族の為に)…。

生活リズムが整ってきました。

元々は時間を逆算して、何時までに何をして…出勤までの時間で家事を済ませる!!!といった性格でした。

 

 

ところが…。

 

 

体調を崩し崩壊。

この時期は、出来ない自分が嫌で仕方がなかったです。

 

 

でも、今は…。

 

 

まぁ、いいか。

と意識的に手を抜きながら家事も仕事も行えるようになり、ワン🐶と一緒にワン🐶ダブルな生活を送っています😊

 

アニマルセラピー恐るべしです。

 

完璧じゃなくていい。

心に余裕を持って「幸せ」を感じながら生活する事が大切なんですね

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊

 

 

 

世界に一つだけの花

 

幼稚園の先生の仕事って、種まき・水やりだと思っています。ひとりひとりいつ咲くのか?

どんな花なのかは見ることができないのだけれど…。素敵な花が咲くように、丁寧に一生懸命水を与えます。

 

つい先日、卒園生のお母様が仰ってくださったお話を聞きました。

 

「うちの子は本が好きなんです。そのきっかけは幼稚園の担任の先生(私のこと)が、色々な本を読み聞かせてくれた。伝記などにも関心を持たせてくれたんです。我が子の個性的な趣味も否定せずに受け入れてくださって。」

 

このお話を聞いて、涙腺弱っている私は大号泣でした😓  

共に過ごした時間は僅か数年だけれど、卒園してからの時間の中で、私との時間で何かを得てくれていた事を実感してくれている。

なんて嬉しい知らせでしょう。

 

それぞれの場で花を咲かせ輝いてね!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

心の休息 まさかな真実

さて、Lira  Cuoreとタイトルを付けた経緯です。 自律神経失調症と診断されてから、

アロマトリートメントやハーブティーを飲んだりと、自然治癒力を高める方法を模索していました。そんな中、自分と同じように苦しんでいる人のサポートが出来ないか?

アロマの香りやトリートメントを通して、人と人の繋がりを実感し、大切な自分を守る方法を伝えていきたい!!!

病みながらも思った訳です(笑)

そしてLira Cuoreを発信していこうと考えました。それがサロンなのか? 講座開設なのか?

まだまだ未知ですが…、少しずつ活動をしていく所存です。

 

心が疲れてしまうと、身体も動かなくなる…。「まさか!!自分が!!!?」を体験。

そもそも人との繋がりをもつ仕事をしていく中で、人との関わりから体調を崩してしまったことは非常に悲しい出来事でした。

 

仕事の出来ない主任の仕事と、クラス担任・学年主任としての自分の仕事を抱え…実質動いているのは自分であるにも関わらず、主任である彼女の立場は揺るがず、逆転現象にストレスは溜まる一方でお酒の量も増えていました。

職員誰しも彼女が主任の仕事ができていないのは明らかでした。

しかし、シングルマザーや、働かなければならない理由を持った方は、仕事が出来る出来ない関係なく役職につくんですね。組織の中で生きるにはそれが正解なのかもしれません。

 

いま世間を騒がせている日大アメフト問題ですが、指導者が加害者選手の精神状態について発言していました。実は私も上司に「メンタルで休んでいる」と保護者に公表された経験があります。実際その休みはメンタルなんかじゃなかったにも関わらず…。

だからこそ私は、日大指導者に対して、根拠のない選手のプライベートな部分を勝手に公表するなど断じて許せないと感じる訳です。

 

だんだんと愚痴っぽくなってしまいましたが😅

この主任は降格され、私は退職。

私は大切な自分を取り戻し、心も身体も健康になりました。

 

ちょっとイヤーな内容になってしまいましたが、この事情を説明しなければ、

なぜLira Cuoreに辿り着いたのかが伝わりません。

頑張っている人、頑張り過ぎている人。

その事に気がつかず突っ走っている人。

走る事も必要ですが、スイッチをオフにして、心の休息とっていますか???

 

最後まで読んでいただきありがとうございます😊