Lira Cuore 子育て応援 親バカの流儀

幼稚園教諭・二児の子育てを終えて、アロマハンドトリートメントやチャイルドケアの観点から子育て世代応援に尽力したいと一念発起。学びながらブログで色々発信していきます。

虐待 死亡

香川県から目黒に引っ越して、義父に虐待され殺害されてしまった5歳女児。

信じられない事件です…。

 

しかし、

 

虐待は非常に身近なところで起こりうる問題なんです。

幼稚園勤務時には、虐待されている子どもが身近にいるなど思いもしませんでした。

現在、児童養護施設での勤務となってみてわかりましたが、驚くほど虐待による施設措置児童が増加しているんです。

 

児童相談所も抱える案件が多過ぎ

一時保護所もいっぱいな状態

 

もはや現場レベルだけでの改革は難しいのではないでしょうか。

不幸な子どもを増やさないようにするには、

どうすべきなんでしょう。

 

里親制度。

養子縁組。

法律の整備など。

※なかなか日本では産んでいない子どもの親となる感覚は難しいのかもしれませんが…。

 

でも、そこだけみてもダメなんです。

親の心の問題を解決・ケアしていかないと!!!

関連して…。

 

働き方の問題。

教育費の問題。

住宅問題。

子育てケア。etc

 

保育園待機児童ゼロ問題も然り。

保育園増やせば解決ではありません。

幼児期に大切な保育がなされているのか?

どんな保育・教育がされているか?

本当ならばそれこそが大切なんです。

 

「預かり先が見つかればそれでいい」

 

リアルな声かもしれません。

全ての保育施設が酷いとは思いません。

しかし、保育現場の現状は???

保育士の資質は???

と…心配になる面があるのも事実です。

多角的な解決策を講じなければ、まさに

 

日本沈没

 

 

 

少し話がそれましたが、私が感じた児童養護施設での子ども達の特徴としては…、

飢餓感が強く、心のトラウマを抱えている児が多い気がします。

入職当初、「飢餓感てなに???」とカルチャーショックを受けました。と同時に、自身がこれまでどれだけ幸せな生活を普通に送っていたんだろう…と感謝の気持ちが溢れたのを覚えています。

平成の豊かな時代に、飢餓感を抱えて生きている子ども。いつ食べられなくなるか分からないから、出された時に一気に食べる。

お菓子をたくさん抱えて仕舞い込むなどの問題行動に直面しました。

 

食事もオヤツもしっかり準備されており、

寧ろ給料日前の一般家庭よりも恵まれている???(笑) なんて思うこともありますが…😅

無意識のうちに自己防衛本能が、こういった行動をとらせてしまっているのでしょう。

 

虐待死事件は、これまでにもありました。

どうか悲しい事件がこれ以上増えないように…!

一日も早く、子どもを守る為の解決策が見出されますように!!

出来る事を子ども達の為に、親バカパワーで行なっていきます!!!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。